経営のための会計

経営に欠かせない会計知識

経営を行う時会計の知識は必須

経営者は、会社の利益が出るように資金を効率よく活用し、出た利益を従業員や株主などに還元するというように、企業を成長させつつ社会貢献をしていかなければなりません。その一連の活動を記録し、外部へ報告するための技術として、簿記や会計が挙げられます。経営者が企業を運営していくにあたっては、この簿記や会計といった知識は必須になります。これらの知識は、時として会社にとって有利に働いたり、財政のピンチを救ったりというように、様々な場面で役に立ちます。そのため、基礎の基礎から応用までじっくりと学び、ビジネスに生かせるようにしましょう。

経営をするための会計

企業の経営者は会計の基本を知っておく必要があるでしょう。利益はどうなのか、資金繰りはどうなのか、借入金の返済ができるのかなどを財務に関する書類を分析して、今後の方針をたてます。利益がどうかは、損益計算書でわかります。売上や経費はわかりますが、これだけでは企業の実態はわかりません。現金の動きがわからないからです。決算時の資産と負債は貸借対照表でわかります。すぐに使える現金や流動預金と借入金の残高がわかります。ここから、借入の返済が可能か、借入をして設備投資できるか方針をたてます。分析対象の時期の現金や流動預金の増減はキャッシュフローという書類でわかります。その間の企業活動で現金などが増えたか減って借入が必要かがわかります。この3種類の書類で経営の実態がわかるのです。

経営の知識の情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営に必要な会計知識とは All rights reserved