経営者に必要な知識

経営に不可欠の会計知識

経営の会計と税務の決算の違い

企業が決算をするときと、税務申告をするときの違いがわからないと、企業の経営状態が正しく把握できない場合がありますので、注意が必要です。会計では利益に対する税金を経費と捉えるのに対し、税務申告で利益に対する税金は経費ではないのですけれど企業からキャッシュアウトするものです。会計上と税務上の経費の捉え方は利益に対する税金以外にも多くありますので、両者は利益金額と所得金額として区別されます。経営者は、この点を良く理解しておかないと、正しい利益、適切なキャッシュフロー、税金にあてる資金などが混乱してしまい、資金繰りがうまくいかない場合がありますから、専門家と良く相談する必要があります。

経営に係わる人に不可欠な会計

経営に係わるのであれば、幹部であろうと、中間管理職であろうと会計とか経理ということに疎くては具合が悪いのです。特に、大きな規模の会社に勤めている人は、これらは経理部門の仕事で自分と関係ないと思っている人が多いのですが、経営の一翼を担う以上、仕事の流れとともにお金の流れに関心を持っていないと、一流のビジネスパーソンとは言えません。いかに黒字を確保できていても、事業を推進する人がいなくなれば倒産してしまうのと同じで、資金繰りに支障を来せは、倒産してしまいます。損益意識とお金のフロー意識は肌で感じるくらいにならないと本物とは言えないのです。

経営の知識の情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営に必要な会計知識とは All rights reserved